読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無口書店

好き勝手なエッセイ兼、本の感想。内にこもることこそ我が人生という方へ。

ギャル雑誌に求めるもの、それは「非現実」だ。『BLENDA』

ギャル雑誌に求めるもの、それは「非現実」だ。

数年前まで『BLENDA』というお姉ギャル雑誌があった。残念ながら休刊してしまったが、私は復刊を希望している。

『BLENDA』は、”黒い服をまとった、強くてスモーキーな姉ギャル”が基本だった。パステルなんて、ほぼ出てこない。「オンナの色気、強さ」それを全面に出した、クール系の雑誌だった。

黒くてボディコンシャスなワンピースに、強めだが下品でない色気メイク、ハイヒールか、刺さりそうにとがったブーツ、富裕層を思わせるもちゃんとお洒落を忘れないファーをまとって、エグザイル風の男どもにお嬢様だっこされている……。カラフルやパステルも登場する他のギャル雑誌と違って、徹底してダークな色彩が好きだった。

ギャル雑誌というのは、刺激をくれる。そこらへんのなまぬるい、無難オフィスコーデとか、日曜ほのぼのデートコーデとかじゃない。「私は、オンナ。オンナを武器に生きていく」そんな強いテーマがあり、文化があり、私にとっては、なんだかテーマパーク。ひとつのモード。そして非現実。そんな芯などとおっていない、ふにゃふにゃの日常を忘れさせてくれる。

たとえ自分が強さがみじんも無い、無難で着やすさ重視のズルズルユルユルコーデでをしていても、ギャル雑誌を読んでもいいし、意識高いアートファッション雑誌を読んでもいいと思う。カルチャーとの出会いなのだ。

ギャル雑誌の衰退が議題にあがるようになって久しいが、女性ファッション誌大好きな私が「いまあるギャル雑誌といえばなんだろう?」と考えたとき、せいぜい『JELLY』か『SCawaii!』だった。しかし、両誌、かなりカジュアルである。調べてみると、『小悪魔ageha』と『姉ageha』が生き残っていた。姉agehaには「復活」とか銘打たれていたので、休刊していたのかもしれない。

agehaは、確かに、こりゃ、ギャルだ。なんだか私は安心した。キャバ系ではあるが、ギャル誌といえるギャル誌がまだいたのである。姉agehaの表紙には「女に生まれて良かった」という文字がデカデカと書いてあった(ブルゾンちえみのネタから来ているのだろう)。「女に生まれて良かった」。そうそう、ギャルは、そうじゃないと。オンナを出して、えろい服を着て、男の好むオトナの色気要素を装備して、フェロモンまきちらして、男を寄せ、そして勝つ。なにかに。自分が、女という生命体であることを、これでもかと意識する。それって、とても力強いことじゃないだろうか。

姉agehaを試し読みしてみると、やはり、かわいらしい、キュートな服も多かった。なんか、そうじゃないんだ……あのエッジの効いたブレンダがやはり、懐かしいんだ。ブレンダを読んでいたガールたちは、今どこに行ったのだろう。何の雑誌を読んで、どんな格好をいるのだろう。私が知らないだけで、ブレンダっぽい雑誌は出ているのだろうか。

広告を非表示にする